ラスト サムライ

ラスト サムライ

今日、映画館でこの映画を見てきた。あまり映画を見たいとは思わないのだが、この映画は予告編の頃からみたいと思っており、早速見てきたのである。
ハリウッドで作られる日本に関する映画は時代考証も描写もいい加減なものなのだが、今回は渡辺謙や真田広之といった名優がでているだけあって、非常に見ていて安心できる設定となっていた。トムクルーズが「日本人の間」や「わびさび」をきちんと表現していたことにも好感が持てた。
「日本一の切られ役」福本清三さんがでているのもよくわかった人選で驚いた。エキストラだがエキストラではない重要ではなさそうで重要な非常に「日本的な」役に彼を選択していることからもこの映画がしっかりしていることがわかる。
内容は「洋の東西を問わず無くしてしまった古来の『心』や『信念』をもう一度見直すべきではないか」と言うもので、いまの日本人にも突き刺さる非常に濃く重いテーマ。それは日本ならば「武士道」であり、欧米であれば「騎士道」となるのであろう。日本だけではなく、世界中で突き刺さるとおもう。この「イラク問題」のさなか、そして「カリフォルニア州知事」に対するトムクルーズからの突き刺さるようなメッセージではないか・・・と見るのは穿ちすぎだろうか?

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク