メールマガジンは前提条件が変わった

StarChartLog @cocolog: メールマガジン全盛期は終わった

メールマガジンはマーケティング的にみると大きく変化したといえるでしょう。
いままでのような広く不特定多数に対して送付することを前提にしたものではなく、ごく限られた特定ユーザ層とのセッションを切らないために創刊されるメールマガジンがかなり多くなっています。
例えば、企業の立場から見ると従来メールマガジンは「新規顧客を得るため」ではなく、「既存顧客を逃がさないため」という使い方になっています。私が見ているいろいろな企業のメールマガジンも内容が既存顧客向けになっているます。これはメールマガジンが物珍しかった時代が終わり、読む側も出す側も相手や手法を考え直しているからだと思います。
このようにメールマガジンは特定の顧客をターゲットにしたものに変わってきているので、衰退というかどうかは難しいですが、いままでと大きく変わったことは事実でしょう。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク