中越地震におけるマスコミと政治家の惨憺たる脳内構造と被災者が本当に求めるもの※一部訂正

(追記)以下の内容ですが、一部でチェーンメール化してしまっているようです。実際に頂いたのが信頼のおける方でしかも現地においでの方なのですっかり信用してそのまま掲載してしまいました。ご本人もチェーンメール化しているということはご存じなかったらしく、どうも被災地内でもチェーンメールとしてぐるぐる回っている状況のようです。
チェーンメール化している内容を掲載してしまったことはお詫びするしかありません。申し訳ありませんでした。
しかし、現地の方がマスコミと政治家に対して同様の思いを抱いているということは事実であり、そのためにチェーンメール化してしまっているという側面もあるようです。
自分の不始末とそれらの思いを記録としてしっかり残すため、以下に関してはそのまま残すことにいたします。以下、ご覧頂く皆様におかれましては、正しい内容がチェーンメール化してしまった見本としてご覧頂ければと思います。


中越地震で被災された皆様に対して阪神大震災の時と同じような脳内の惨状をマスコミと政治家がまた見せているようです。以下に引用致しますのは中越地震で実際にボランティア活動をしている方からのメールです。今回、私のBLOGへの転載を快く許可して頂きましたので、全文をそのまま掲載致します。

どうか助けて下さい。
小千谷市役所、小学校での救援物資の配給や、炊き出しなどを手伝っていますが、現場はまだまだ混乱しているし、人出も足りていません。
そんな状況下で、マスコミの取材陣が50人近く現場付近を陣取っています。
小千谷市役所の正面に車を止めている為に、救援物資を運ぶトラックは遠くに止めることしか出来ず、ボランティアの人達がせっせと現場に物資を運んでいますが、報道陣はそれを手伝う気配すらありません。
心労と肉体的疲労が積もっている被災者の方々に当然のようにマイクを向け、24時間カメラをまわし続ける神経もさっぱり理解できません。

現地では今、「大人用の紙おむつ」が不足しています。「赤ちゃん用おの紙おむつ」は足りています。
あとは、トイレが使えなかったり、下着を替えられなかったりするので「パンティライナー」があると重宝しますが、こちらではもう品切れで手に入りません。P&G 、花王、ネピアなどの紙おむつメーカーに電話をして、現状を伝えてください。

夜の寒さが厳しいです。お年寄りは使い捨てカイロをもむことすらできないので「貼るカイロ」が必要です。マスコミの仕事は、こういった情報を伝えることだと思うのですが‥。

今日はこのあと、小千谷小学校に小泉首相が来るということで、マスコミ報道人の数はさらにふくれあがり、「毛布の配給が出来ないので、小泉さんが返るまで待つように‥」という連絡が入りました。一体何の為の視察なんでしょう?

午前中にも数名の政治家さんが小学校に来ましたが、トイレはどこかとたずねられ、仮設トイレを案内したところ「私に仮設トイレを案内するつもりかね?」と、言われたそうです。いったいこの国は、どうなっているんでしょう?

現地では、大人用の紙おむつと、パンティ ライナー、貼るタイプのカイロを必要としています。
これらの商品を販売している企業の「お客様相談室」宛てにメールを送ったり、電話をかけたりして、「小千谷市の被災者が求めているもの情報」を伝えてください。

あなたのblogやHPの中で、ただ伝えるだけでかまいません。皆さんの声が企業や行政を動かします。マスコミは頼りになりません。

マスコミに対しては、どうか支援活動の妨げとなり 被災者の心労を倍増させる今の取材のやり方についての抗議の声をあげてください。
あまりにひどい状況です。

小千谷市にも、続々と個人の方からの救援物資が届いています。有り難うございます。しかし、それを種類別に分けて、配布する人出がありませんので、以下の点に注意して送っていただけると大変助かります。

段ボールには、外側に「毛布」「洋服」「下着」など、中身を大きく書いて貰えると助かります。靴下1足、下着1枚でも有り難いのですが、もし出来ればご近所の方と声を掛け合って、ある程度まとまった数があると、とても助かります。送り先の住所はこちらです。

〒947-8501 新潟県小千谷市城内2-7-5 小千谷市役所あて
お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

マスコミは本当に変わらないですね。自分たちが正義なのでしょうか。政治家もパフォーマンスだけというのが見え見えです。
阪神大震災の時と違うのはインターネットの発達です。こうしたバカなことをしているとすぐにこうやって伝わります。今一度自らの為すべきことを振り返るべきではないですか?>マスコミ・政治家各位

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク