新人はサポートエンジニアから育てる

新卒、あるいは第二新卒など様々なタイプの新人がいますが、多くははじめからプログラマであったり、営業であったり、システムエンジニアであったり、特定の職種から育ててスペシャリストにしていくケースが多いと思います。

特定の職種で長年続けている人はその分野には極めて強くなれる反面、全体がわからないことがままあります。サポートエンジニアは様々な職種を少しずつこなしていく必要がありますので、全体を見通していくことが可能です。その中でそのままサポートエンジニアとしての道を歩むことを希望する人もいれば、プログラムなどに特化してやっていきたいと思う人も出てくることでしょう。

このように将来的に特化した道に進んだとしてもサポートエンジニアとして、顧客対応まで含めてこなした経験があれば、知らないことに伴う誤った認識による無駄な対立を防ぐことが出来ます。

新人はサポートエンジニアから育てていくのが吉だと考えます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク